最後にもう一度、「ありがとう」を伝えるために 市川市斎場ドットコム

親族葬とは

「遠方の親戚や、近所の数名に参列してもらうと家族葬ではないのでしょうか?」
「親族はどの範囲まで声を掛ければ良いのでしょう。」
「親族は少ないですが親しかった人にも親族同様に参列してほしい。」
「お世話になった施設の方へも訃報を知らせるべきでしょうか?」
「お見舞いに来ていただいた方には訃報と日取りを連絡すべきでしょうか?」
「会社にはどう知らせれば良いでしょう。」
「大掛かりな葬儀は望んでいません、限られた人数で見送りたい。」
「20名から30名程度での葬式を考えている。」
「多くても50名以内の葬祭規模で行ないたい。」

親族葬

呼称はともかく、私たちがあなたとご一緒に創り上げる親族葬は、家族葬と同様に儀礼的な弔問がなく落ち着いた雰囲気で大切な人をお見送りする葬儀スタイルです。故人と生前にゆかりある「ご縁」があった方々を主体としたお別れこそ、
本来あるべきスタイルのお葬式ではないではないでしょうか。

会社関係には次のように連絡します。
「葬儀は故人の遺志により近親者のみでとり行います。
ご弔問、ご香典は遠慮させて頂きます。」と伝え、
上司からは「弔電、生花(供花)のみ送りたいので日取り、斎場、葬儀社の電話番号を知らせてほしい」という申し出が通常です。

市川市斎場での親族葬

「当初は、10名~20名以内を予想していたが直前になり、甥や姪も参列するらしい・・・。」
「前回は、家族葬を行った後に親族から苦言を言われた・・・。」
「森林に囲まれ落ち着いた空間で見送ることができる・・・。」
「祖父母のお墓が市川霊園なので隣接する斎場で行いたい・・・。」
「近所の方も市川市斎場で行ったので・・・。」
「身内だけの葬式には適している斎場だと思った・・・。」
「霊柩車やマイクロバスが不要なところが良い・・・。」
「会社関係は辞退していただくので予め人数を把握でき予算内で行なえる・・・。」

主に、このような理由から市川市大野町にある市川市斎場での親族葬を行う方が少なく
ありません。
また、事前の想定では10名前後の参列と考えていたが実際には親戚や友人らの弔問が
多少増えるなど想定外のケースや葬儀後にいろいろと言われたくないと希望する
ご家族が選ばれています。
大切にしたい家族の絆、お手ごろ価格の親族葬30名洋花費用をご覧ください。

【お問合せ 市川市斎場に精通する地元の葬儀社、福祉典礼 0120-92-4949】